リフォームローンで今気になるポイントや審査条件について

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録することはないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

おすすめのリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されますただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

比較検討したい金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずともネットで完結できるローンが増えています。

参考:リフォームローンを口コミで暴く!銀行別の感想は?【良い点・悪い点】

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

追加融資が難しい金融機関では、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームローンの金利ですが金融機関によって異なります。

低い金利は1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税を控除することができます。

申告をするとその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。