飲み会と言っても様々な種類がありますよね。友達、同僚と気軽に飲むタイプのものがあります。冠婚葬祭の後に集まって厳かに飲むタイプのものあります。場合によって飲み方、雰囲気が大きく変わってきますよね。ワインと言うと難しくインテリなイメージがありますよね。特に自分でワインを注ぐ事になった場合は、どう注げば綺麗に見えるか気になります。実は、ワインには注ぐ側と注がれる側の両方にマナーがあると言うことです。(汗)しかし、実際に注意すべき点はわずかしかありません。ですから、これだけ覚えておくと、たとえ高級レストランでも恥をかくことはないと言えます。(笑顔)それでは早速ワインの注ぎ方を紹介します。ワインを注ぐ時は、まず瓶のラベルを上側にするように持ちます。※この時、格好よく見せようと片手だけで持つと、手が滑って瓶ごと落としてしまうこともあるので注意してくださいね。しっかりと両手で持ちます。そして、ゆっくり注ぐことが大切ですね。つぎに注意することは、注ぐ量にも決まりがあると言うことです。こうする事でワインの香りを確かめる時にグラスを回しやすくなりますよ。続いて注がれる側の場合についてです。ここで注意すべき点は、グラスを持たないと言うことですね。注いでもらう時にグラスを持つのはマナー違反と言うことです。ワインを注いでもらう場合は、テーブルに置いたままにしておくと良いですね。これだけ覚えればワインの注ぎ方は完璧と言うことになります。

関連ページ