2013年の住宅ローン金利はどうなる?

2013年3月13日(水) 21:09

どうも。

住宅ローンの元専門家の管理人です。

今日は今後の住宅ローン金利の推移のお話です。

今、日本はあべのみくすで沸いていますね。

ところで。

私も2年ほど前、ちょうどリーマンショックで
世界的に経済が落ち込んでいたときに、
これ以上金利は下がらないだろうと踏んで、
思い切って戸建て住宅を購入しました。

そのときは、35年の固定金利で3.0パーセントでした。

しかし、最近の住宅ローン金利を見ると
金利優遇条件はあるものの、
3.0パーセントを大幅に切って、
2.5パーセントという銀行もあります。

さすがに、こんなに住宅ローン金利が低いと、
ここが底値なのでこれからは上がるだけだから、
今が借りどきだという意見を金利予想をよく聞きます。

先ほど書きましたが、
今は世界的に経済状況がよくない状態なので、
些細なことが引き金となって、
経済が大きく下落することも考えられ、
これ以上下がることも十分考えられます。

逆に、ちょっとした切っ掛けで、
世界情勢が好転することも考えられ、
長期金利も上がることも予想されます。

これから好転するとしても、
今後の住宅ローン金利予想としては、
すぐに金利が上がるとは考えられないので、
しばらくは平行線か、少し下がることが予想されます。

ただ今後の阿部首相の行動に市場は注目するでしょう。
住宅ローン金利

コメントは受け付けていません。

«

»

最近のコメント

    カテゴリー

    ▲Pagetop